10月1日は「日本酒の日」。日本酒で乾杯!

みなさんこんにちは、のみねーと店長の大室です。
本日もご覧頂き、ありがとうございます!

さて、本日10月1日は「日本酒の日」。
昭和53年に日本酒造中央会が制定された、結構歴史ある日です。
では、なぜ10月1日なのでしょうか?

この酒、という文字は「酉(とり)」に由来しています。
酉という文字は「酒壺」を表す象形文字だそうです。また、十二支の10番目にあたるのが酉(とり)。
新米が実り、新しくお酒を仕込み始めるのも10月からですよね。
3b9eeb78485210ed7b734e3d38252784_s

それと、暦を表すもので、日本酒業界には「酒造年度(Brewery Year)」という暦があります。
現在の酒造年度は7月始まりの6月終わりですが、以前は10月始まりだったそうで、新米を収穫し、お酒を仕込み始める醸造新年の月、という意味合いもあったそうです。

そんなこんなで、10月は日本酒にとって特別な月。
日本各地で日本酒のイベントが開催していますよ!
日本酒が大好きな方も、これから色々試してみたい、と思っている方も、日本酒の日をきっかけに、日本酒を飲んでみてはいかがでしょうか?

美味しい日本酒のことを知りたい、というみなさん、のみねーとまでどうぞいらっしゃいませ!

DSC_0409

 

 

ページトップへ