今年の節分は「恵方飲み」!縁起担ぎに飲みたい日本酒

大寒も終わりに近づき、いよいよ立春はすぐそこまで来ています。

2月3日は節分。近くの神社でも、今年はどなたがゲストで豆まきにいらっしゃるのかな、と気になる時期?になりました。

今月ののみねーとテーマは『節分は恵方飲み!縁起担ぎに飲みたい日本酒3本』です。

節分に「恵方飲み」をして、恵方にいらっしゃる神さまへ今年一年の願い事をお伝えしましょう!

一年の節目の日に、健やかな一年を神様にお願いする。
願いを叶えるのは自分の努力次第ですが、神さまの後押しがあればもっと願いは叶いやすくなりますよね。
新年の始まりは気持ちよくスタートしたいものです。

 

さて、この節分の「恵方飲み」。ちょっと説明が要りますよね。

節分とは皆さんご存知の通り、各季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日のこと。
「季節」を「分ける」日だから節分、という意味もあります。
一年の節目にあたる春の節分に重きが置かれはじめたのは室町時代からだそうです。

季節の変わり目には鬼が出てくる、ともいわれ、豆が「魔滅」の音に通じることから
「鬼は外、福は内」の掛け声で豆まきをする習わしが始まったとか。
数え年で自分の歳の数の豆を食べると、健康になると言われています。

節分に太巻きを食べる「恵方巻き」というものも定着してきました。
関西のスーパーマーケットやコンビニエンスストア、また海苔組合、酢組合などの販売促進キャンペーンから広がった風習のようですが、今では日本中に知られるようになりました。

恵方巻き 厄除饅頭なしパターン

「その年の歳神さまがいらっしゃる方角(恵方)に向かって事を行えば万事に吉」 という風習を踏まえて、

『節分の夜に、縁起の良い方向を向いて太巻きを無言で丸かぶりすると福が来る』
という、誰でもできるルールを設けたことが広がる要因だったのでしょうね。

でもそれだったら、なにも太巻きじゃなくてもいいんじゃないの?
という声もあったとか無かったとか。

 

近年では 『恵方飲み』 という”大人向け”バージョンも最近では少しずつ市民権を得てきたようです。

用意するものはお好きな日本酒。

①まず、酒器にお酒を注ぎます。
②そして、今年の恵方(年神さまがいらっしゃるおめでたい方角)へ向き、
③落ち着いて願い事をしてから日本酒を飲む。 というものです。

恵方飲み

あ、平成27年の恵方は「西南西」です。

2015恵方西南西

神さまと対面してお酒を頂くことで、旧年の厄を払い、新年に新しい福を招く。
厳かであり、また手軽でもあるこの『恵方飲み』。
なんやかんやで、「お酒を飲むイイワケ」にされている方もいらっしゃるようですが、それもまた良し、です(^^)

飲む理由、欲しいですよね。
今年の節分は「恵方飲み」、試してみてはいかがでしょうか!

お気に入りの酒器、愛用の酒器があると気持ちも盛り上がりますし、
もちろん美味しいお酒で「恵方飲み」する方が楽しいですよね!

 

2月ののみねーとのおススメするお酒も恵方飲みにピッタリのお酒です。

まずは熟成した味を楽しむお酒が1種類。
埼玉県飯能市の 五十嵐酒造 『天覧山 古流純米』 を選びました。

そして、今年度出来たばかりの新酒が2種類。
秋田県 木村酒造の 『福小町 純米しぼりたて』 、
岐阜県  玉泉堂酒造の 『美濃菊 純米吟醸 荒走り』 です。

 

これまでの一年をお酒と共に振り返り、新しい一年が良い年になるよう、新しいお酒と共に願う。
楽しいお酒の席に、ほんの一瞬でも厳かな気持ち、神様を敬い、日本の伝統文化を味わう気持ちを持つことも日本酒ならではの楽しみ方ではないでしょうか。

 

まずは、今年の恵方を調べる事から始めましょうか。
最近では携帯電話、スマートフォンに方位を調べるコンパスのアプリが搭載されていますので調べるのに便利ですね。

写真 2015-01-31 14 41 50
平成27年の恵方は「西南西」。角度としては「255度」の方角になります。
節分までに一度アプリを起動して、使い方をチェックしてみてくださいね。

それでは、今夜も日本酒のある「うるおい生活」をお楽しみください!

漢字・西南西

 

出典:『日本の七十二候を楽しむ-旧暦のある暮らし-』 東邦出版
Wikipedia

今回のノミネート商品はこちら!

  • 美濃菊 純米吟醸荒走り

    槽場(ふなば)からほとばしるしぼりたての酒に手を加えることなく瓶詰するのが「荒ばしり」です。新酒の持つ、初々しい爽快な香り、若さを感じる、はじけるような口当たりをお楽しみください。

    価格 : 1750円(税込)

    購入する

  • 福小町 純米しぼりたて

    しぼりたての風味を生かすため、無濾過で瓶詰めした純米生原酒。爽やかでスッキリした口当たりを感じます。丁寧に作られた、バランスの良い軽やかなお酒です。

    価格 : 1445円(税込)

    購入する

  • 天覧山 古流純米

    室町時代に使用していた「古流吟醸もやし」(麹菌)を使って仕込んだ山廃仕込みの純米酒。日本酒本来の味を楽しむ燗や常温に向いています。半年間熟成させたことでまろやかさが増し、腰の強いお酒になりました。

    価格 : 1458円(税込)

    購入する

ページトップへ