春の陽気に誘われて、軽やかにお酒を楽しむ

 

春分も過ぎ、ずいぶんと日が長く感じられる季節となりました。
今年は桜の開花も例年より早いようで、近所の府中市・大國魂神社では枝垂桜が3月末には満開となりました。

写真 2015-03-31 12 31 25

さて、あなたにとっての「春のお酒」とはどんなお酒でしょうか?

春ならではの新酒を頂く。

瓶の中を軽やかにシュワシュワとはじけるスパークリングな日本酒を楽しむ。

もし思いつかない方、のみねーとがおススメする「春のお酒」をお試しになってはいかがですか?

そんなのみねーと、今月のテーマは『春を楽しむ、軽やかな気持ちになる日本酒3本』です。

 

 

今月皆さんに知ってほしいな、と思う事は、「気軽に日本酒って楽しめるんだ!」という事です。

そしてその楽しめるきっかけはすでに、あなたの目の前に広がっています。

 

日本酒って身近で気軽なものです。

日本食だけでなく、幅広い料理と合わせることが出来るお酒でもあります。

アルコールの軽いものから重厚なものまで。

口当たりの甘いものから辛いものまで。

シュワシュワスパークイングもあれば、熟成した濃厚な古酒、白濁したにごり酒といった個性的なお酒も「日本酒」と呼んで楽しまれています。

IMG_5591

 

日本という国の多様な食文化、地域性から生まれた個性豊かな日本酒。

幅が広いため全体像が見えにくい、ということはありますが、敷居が高いものでもありません。

ですが、あまりに種類が多いので、よくわからないまま日本酒という名の航海に旅立ってしまうと、どこへ向かった良いのか、私の行きたいところはどこなのか、分からず迷子になってしまう方もいらっしゃることでしょう。

 

そんなとき、欲しいのは何かしらの目指す方向性=テーマです。

「今日はこんなテーマでお酒を飲もう。」

目的がはっきりすることで、意識が進む方向へ向けられます。

 

選ぶ時間は必要ですが、迷う時間は出来るだけ少ない方がいいですよね。

もし、そんなテーマが欲しいあなた。

のみねーとのご紹介するテーマのお酒を試しに飲んでみて、日本酒の世界を一緒に楽しみませんか?

10521941_849790195063808_2905578736323451879_n

 

私が日本酒について一番にお伝えしたいこと。

それは「楽しく飲みましょうよ」という事に尽きます。

私がそう考えるようになったのは、人とのご縁から。

 

今回、試飲会(日本酒を楽しむ会)を開催した場所は、古都・奈良の元林院という花街にあります、「つるや」さんというお店。
そちらの芸妓・花柳流師範でありオーナーでもある菊乃さんとご縁を頂いたことで、開催することが出来ました。

IMG_5624

11043216_849790085063819_6669597405221236877_n

 

菊乃さんは、奈良の花柳界を復興すべく、熱心に活動されている方。

現在奈良には芸妓さんが一名しかいらっしゃらないとのことで、奈良の伝統文化の火を絶やさないために頑張っていらっしゃいます。
その努力の甲斐あり、舞子さん候補者が見つかり、この4月には舞子さんのお見世出し(お披露目会)が行われるとの事です。

IMG_5658

 

人と繋がり、お店と繋がり、お酒と繋がる。

場所を提供してくださる方、会に参加してくださる方。
素晴らしい空間。
そして素敵な料理と個性豊かな日本酒。

ひとつひとつの出会い、ご縁を大切にして「日本酒を楽しむ会」をつくってきましたが、そこでいつも感じるのは関わった方、皆がそれぞれ「この時間を楽しい時間にしよう」と思って下さって一緒に場をつくって下さることです。

独りよがりな楽しさではなく、みんなが「楽しい時間・空間」というパズルのピースになって下さることのありがたさをしみじみと感じました。

世にいろんなお酒の楽しみ方はありますが、「自分にやさしく、まわりと楽しく」飲むひとときを意識して下さったら、きっと素敵な日本酒ライフが送れるのではないでしょうか。

IMG_5600

 

 

さて、今回のモニター試飲会では、以下のお酒を用意しました。

1.鳴海 特別純米酒 直詰め 本生(白)
2.鳴海 酒こまち 純米吟醸酒 直詰め 本生(赤)
3.天の戸 発泡にごり酒 特別純米酒 シュワトロ

 

それぞれのおが「春を楽しむ」テーマにピッタリのお酒。
軽やかなお酒あり、甘く柔らかい口当たりのお酒あり。
シュワシュワ感を楽しむお酒あり。
ぜひ今年のお花見に連れて行ってあげてくださいませ。

IMG_5605

 

お酒は造り手が同じでも使う原料や製造方法を変えることで、違った味わいのお酒が出来る事が飲み比べるとわかります。

お米の違いってそんなにお酒の味が変わるの?と思われる方、今月ご案内しています、千葉県・東灘酒造の「鳴海(なるか)」を試して頂くのも良いかと思います。

IMG_5643

日本酒にはまだまだ広く知られていないお酒がたくさんあります。
その一つ一つを自分一人であても無く試すのは大変な事。

人の出会いもお酒との出会いも、ご縁です。
人とお酒とのご縁繋ぎがのみねーとの使命のひとつだと考えています。
是非一度、のみねーとのお酒とのご縁に出会ってみてはいかがでしょうか。

IMG_5607

せっかく陽気な気候になり、外でお酒を飲むのに良い気候になってきましたので、
今日家に帰ったら、家の窓を開けて、好きなお酒を飲んでみては?
もし家にお酒が無かったら、帰り道で買って帰ってもよいですね。

また、お花見でお酒を飲まれる機会がありましたら、お花見で楽しそうに飲んでいる写真、素敵なものが撮影してもらってのみねーとにもお知らせくださいませ!

「楽しい気持ち」が最高の肴(さかな)になりますね!
それでは、今夜も美味しい日本酒をお楽しみくださいませ。

IMG_5621

今回のノミネート商品はこちら!

  • 鳴海 特別純米酒 直詰め 本生(白)

    しぼりたてのお酒を槽場で直詰めしているので、少々の滓と発酵由来の炭酸ガスを含んでいます。メロン系の果実香で しぼりたてらしいフレッシュ感が口中いっぱいに広がります。旨味がどんどん乗ってきます。スパッとキレる喉越しをご堪能ください。

    価格 : 1296円(税込)

    購入する

  • 鳴海 酒こまち純米吟醸酒 直詰め 本生(赤)

    しぼりたてのお酒を槽場で直詰めしているので、少々の滓と発酵由来の炭酸ガスを含んでいます。どっしり飲み応えのある抜群の旨味が口中に広がり、豊潤な味わいが存分にご堪能戴けます。口中に広がる綺麗な甘味は上品で深い!良く冷やしてお召し上がりください。

    価格 : 1512円(税込)

    購入する

  • 天の戸 発泡にごり酒 特別純米酒 シュワトロ

    「天の戸特別純米酒 美稲(うましね)」をベースにした、発泡性にごり酒。米の旨みが凝縮された“お米のシャンパン”と澱部分のとろりとクリーミーなヨーグルトサワーな部分の1本で2つの味が楽しめるにごり酒。冷やしてお飲みください。

    価格 : 1566円(税込)

    購入する

ページトップへ