日本酒デビューしませんか?の春。

みなさんこんにちは、のみねーと店長の大室です。
さて、5月です!

春と言えば新しい出来事が始まる時期。

入学、入社、転勤、転職・・・。

人生の節目のような大きな出来事が無い、という人も、
「新しい事、なにか始めようかなぁ」なんて気持ちになるのがこの時期ですね。

今回の試飲会レポはホームパーティにお邪魔して、のみくらべの会を開催。

IMG_5985

コップを分けて、それぞれのお酒をきき酒。

自分の感想を専用のカードに書き留める。

といった体験が初めての方もいらっしゃり、とても盛り上がりました。

試飲会、のみくらべ会など「やってみたい!」とご希望の方がいらっしゃいましたら、のみねーとまでお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

 

のみねーとはお酒のサイトですので、この記事を読まれている方はきっとお酒が好きorお酒に興味ある、という方も多いと思います。

お酒が好きなんだけれど、お酒って種類が多すぎて自分では良くわからないんだよね。。。」
という方もいらっしゃる筈。

そんなみなさん、この春はのみねーとで日本酒を始めてみませんか?

今月ののみねーとテーマは、

「日本酒デビューします!やさしい口当たりを楽しむ日本酒3本」です。

 

aaa

 

のみねーとは「お酒を飲み慣れていないけれど、飲んでみたい!」という方を応援しています!

日本酒に限らず、お酒を飲み慣れていないけれど興味がある、飲んでみたい、という方でしたら、
最初はどなたかからおススメされたお酒を飲んでみるのも良いでしょう。

初めて日本酒を飲む人。
飲んだことはあるけれど、美味しいと思えなかった人。
自分にとって美味しいお酒、好きな味ってなんだかわからないという人。

そんな方たちにおすすめしたいお酒があります。
今月のお酒で言うと、

① 天の戸 純米大吟醸45

② 鳴海 特別純米酒 直詰め 本生(青)

③ 鳴門鯛 純国産・無添加純米

になります。

IMG_5962
なぜ私がそう思うようになったのか?と言いますと。

仕事柄、たくさんの方にお会いします。飲酒経験の長い年配の方もいらっしゃれば、お酒を飲み始めたばかりの若い方まで。

「私、日本酒好きなんだけれど、美味しいお酒、何か紹介して!」

「日本酒に興味があるんですが、種類が多すぎて、どれを選んだらいいのか迷っちゃうんです。。。」

と、色んなお話を伺う事があります。

IMG_5989

飲み慣れた方へお酒をお勧めするのはやりやすいです。

普段飲まれているお酒、好きな飲み方、好きなお酒の銘柄や好きな地域・県など、
「お勧めするための引っ掛かり」がどこかにあります。

ですが、ほかのお酒を飲んだことがあるけれど、今まで日本酒を飲んだことが無い、
という方にお勧めする場合は、この方の「これから先」を考えてお勧めすることが多いかな、と思います。

アルコール自体に抵抗が無い方で、もしワインなどリキュールや果実酒が好きな方でしたら、
酸味や甘み、香りの高いお酒をご紹介することが多いです。

また、焼酎などハードリカーを普段飲まれている方でしたら、日本酒でも原酒をお勧めすることがあります。

11136694_752089571555249_967408052871047348_n

アルコール自体、あまり飲んだことが無い、けれどこれから少しずつでも飲みたいと思っている、という方について。

出来るだけ最初に「素敵な飲酒体験」を経験してもらいたい、

というのが私たちお酒に関わる人間が思う、切なる思いです。

そのためには、まずは「好きになれるお酒と出会えること」
が大事なのではないか、と思います。

IMG_5980

 

食品は何でもそうだと思いますが、同じものでも、味の幅はとても広いですよね。
例えば、癖のある食品と言えば納豆。

身体に良いと人気の高い食品ですが、あの匂い、味がダメだという人も多いです。
でも食べたい、という人がいます。
そんな人に対して、本格的・インパクトの強い納豆商品を紹介しても、食べる事さえできません。

ですが今は納豆製造会社も様々な人に食べてもらおうと、匂いの抑えられた、味もそれほどきつくない納豆がたくさん販売されています。

味に慣れていないけれど食べたい、という人には、別に「これが納豆の王道だ!」

といったものを食べる必要はないのですね。

少しずつ慣れていって、他の納豆も食べたいな、と思ってから初めて、初心者向けの納豆から別の納豆を食べたらいいんです。

IMG_5975

日本酒も同じことです。

アルコール度数19度の純米大吟醸原酒、は最初はお勧めしません。
また、10年寝かした熟成古酒、も最初はお勧めしません。
(飲みたい、と興味をもたれたら飲んでもらいます。)

どちらかというと、最初はアルコール度数の比較的軽めなお酒をお勧めします。

日本酒は通常15度くらいがポピュラーなアルコール度数ですので、もう少し軽い14度のお酒も紹介します。

(アルコール度数について。ビールやチューハイは5~6度、ワインは12度、甲類焼酎は25度~30度くらいが目安です。)

それと、口当たりの重たい、米の味が強調されている、香りがアルコール臭強め、と言うお酒は
なるべく最初はお勧めしません。

飲み慣れてからでいいのかな、と思っています。

IMG_5969

どちらかというと、口当たりの軽い、フルーティな味や香り、透き通った透明感、すいすい飲めてしまう柔らかさ、と言った「軽さ」を前面に出して紹介します。

癖が強すぎて敬遠されるよりも、敷居を低く、間口を広く、です。
大事なのは、「私でも飲める!」と思えるお酒に出会う事。
小さなことかもしれませんが、飲酒体験は積み重ね。
そして小さな階段を少しずつ上るような感覚です。

できた、飲めた、といった自信はやがて興味に変わります。
興味を持てたものについては、人は自分で勝手に動き始めます。

色んなお酒を楽しむのはそれからでいいのです。
人に何を言われようと、「私はこのお酒が好きだ」と言えるようになる日も近いでしょう。

自分にとっての「好きなお酒」を見つけるのは、最終的には「自分の感覚」を一番よく知っている「自分自身」になるのですが、私たち酒屋が出来る事と言えば、「いろんなお酒を紹介する」ことです。

そして、のみねーとは

「日本酒を飲み慣れていない方に対して」、「日本酒って美味しいからちょっと飲んでみない?」
とお勧めするのが得意なサイト。

活用して頂いて、あなたの日本酒ライフをもっともっと豊かにしてほしい!と思います。

10926188_752089598221913_593616409310490453_n

ちなみに、自分の好きだ、と思えるお酒に出会うためのポイントは、3つあります。

①アルコール度数の軽いお酒から飲み始めましょう。

②飲み慣れていない時期は、口当たりのやさしい、素直なお酒を飲みましょう。

③お酒の美味しさに正解は無いので、人の意見よりも自分が美味しいと思った感覚を大切にしましょう。

 

初めて日本酒を飲む人。
飲んだことはあるけれど、美味しいと思えなかった人。
自分にとって美味しいお酒、好きな味ってなんだかわからないという人。

そんな方たちにおすすめしたいお酒があります。

日本酒に限らず、お酒を飲み慣れていないけれど興味がある、飲んでみたい、という方でしたら、
最初はどなたかからおススメされたお酒を飲んでみるのも良いでしょう。

どんなお酒があるのか?調べるのに一つの参考になるのが、のみねーとの「過去のテーマ一覧」

無題

季節ごと、月ごとのテーマでお酒を紹介しています。
ラベルで選ぶも良し、テーマごとに気になる探してみるもよし。

お酒を選ぶのは自分の直観を大事に、えいやっと選んでみて下さいね。

 

それでは、のみねーとのページを参考にしていただいて、今夜も美味しく日本酒をお楽しみください!

 

今回のノミネート商品はこちら!

  • 天の戸 純米大吟醸45

    天の戸(あまのと)。酒造好適米(酒造りに適したお米)である「吟の精」が持つ飲みごたえと、後味すっきりのキレを楽しむお酒。気軽に飲める純米吟醸酒です。「45」とはお米の精米歩合が45%(お米の55%を削り、残りの45%を使ってお酒を造った)という意味です。

    価格 : 1542円(税込)

    購入する

  • 鳴海 特別純米酒 直詰め 本生(青)

    鳴海(なるか)。やや酸味を感じるキレの良い辛口。香り・味わい共にこれから変化が楽しめそうな若々しいお酒です。ピチピチの微々炭酸感は直詰めならでは。

    価格 : 1404円(税込)

    購入する

  • 鳴門鯛 純国産・無添加純米

    鳴門鯛(なるとたい)。純粋な水と米だけのお酒ですので、とてもスッキリした味わいとさわやかな香りが特長です。キレがよく、後味にはほんわかと旨みがただよいます。果物やチーズともよく合います。ワイン感覚で食中酒としてお楽しみください。「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」2014年、2015年金賞受賞酒。

    価格 : 864円(税込)

    購入する

ページトップへ