食事と一緒に楽しみたい日本酒♪

みなさんこんにちは!のみねーと店長の大室です。
最近話題になる事が多い「日本酒」。
日本国内だけでなく、海外からも熱い視線を向けられていますね。

その理由のひとつとして、海外の「和食ブーム」もあるそうです。
そんな海外事情も織り交ぜながら、はじまりました今月ののみねーと。
今月ののみねーとのテーマは、
『日本酒ステップアップ♪食事と一緒に楽しんでみたい日本酒3本』です!

 

昨年、アメリカの食品流通を視察すべく、ニューヨーク、シカゴを訪問しました。

???????????????????????????????

両都市とも、アメリカ国内では大都会。様々な人種の方が共存する街でもあります。
スーパーマーケットやハイパーマーケットなど様々な流通形態が進化したアメリカの組織小売業ですが、
どこへ行っても必ずと言っていいほど、置いてある食品がありました。
何でしょう・・・?

 

寿司です。
どちらかというと「サラダ巻き」というイメージでしょうか。
アヴォガドやサーモンを巻いた手巻きずし(カリフォルニアロール)がどのスーパーへ行っても売り場があります。

???????????????????????????????

従来のアメリカで食べられていた食品は高カロリーなものが多かったため、健康的なイメージのある和食は
「美容と健康に良いライフスタイルを実現する」
というイメージがあるそうです。

ちょっと頑張っている高級志向ストアだと、寿司売場の隣に日本酒の小瓶を陳列してあったりします。

???????????????????????????????

和食が世界に広がる事で、「やっぱり和食に合わせるのは日本酒だね。」という認識が生まれているのですね。

 

和食はすでにアメリカでは市民権を得ているのだな、というのがとても感じられました。

(店頭で手巻きずしを作られている店員さんは日系人が多いそうで、そういう「イメージ」も大事なんだな、と感心しました。)

和食の流行に乗じて、日本酒人気もじわじわとアメリカだけでなく、世界中に広がってきているのは嬉しい事だな、と思います。
そ・れ・に・・・
ああ、日本人で良かったなぁ、と思う事があります。
なぜかって?

 

アメリカ人や海外の人が欲しくても手に入れることが出来ない、美味しい日本酒を、
私たちは日本に居る、という事で簡単に飲むことが出来るからです。

しかも、高いお金を出さなくても、美味しいお酒は山ほどあります。
もちろん、お酒選びに迷ったときは、すぐに「女性のための日本酒サイト のみねーと」に行って下さいね!

あなたが気に入るお酒がきっと見つかります。
では、なぜ気にいるお酒がのみねーとで見つかるのか?

それは、のみねーとのコンセプトにあります。

「販売する日本酒はモニター会員の女性たちが実際に試飲し選ばれたものだけ」だからです。
「ひと月にたった3種類しか販売しません」が、女性目線で選ばれたお酒たちを見れば、
きっとあなたの気に入るお酒が見つかることでしょう。

スクリーンショット 2015-06-13 01.45.12
実際に女性モニターさんたちに飲んでもらい、感想を聞かせて頂く。

色んなフィードバックを毎回頂きます。
私が考えていない視点でコメントを頂く事もしばしば。
「このお酒、きっと濃厚なチーズに合うよ!」

「ああ、これはアヒージョと一緒に食べたい・・・」
なんて会話が飛び出します。

 

あれ、今食べてるの和食じゃない・・・?

と思う事もあるのですが、参加される方たち、それぞれの食文化のバックボーンがあるのでしょうね。

 

食と酒。人の数だけ、組み合わせる楽しみがある。

人のお薦めする組み合わせを試すも良し。自分でベターな相性を見つけるのも良し。

自分の五感を駆使して、食と酒に向き合う。
そんなに重く考えなくても、「あ、この組み合わせ美味しい~♪」
と感覚で楽しむのも、みなさんの自由です。
食は楽しいものですから!
そう、私は思います。

 

世界に広がる日本食、といえば、
2013年12月には「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

「和食」には、4つの特徴があるそうです。

(1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
(2)健康的な食生活を支える栄養バランス
(3)自然の美しさや季節の移ろいの表現
(4)正月などの年中行事との密接な関わり

日本の風土が育んだ「和食」という食文化が国を越えて、広がりを見せているは嬉しい事ですね。
▼農林水産省ページ
http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/ich/

 

 

でも、急に食と酒を合わせる、といっても、何を・どこから始めたらいいのか分からない人もいらっしゃいますよね。
迷った時は、「季節の食材」を選ぶのが良いと思いますよ。

手に入りやすい、というのと、季節感を日常生活に取り入れるのはとても大切な事だと思うからです。

6月の旬の食材といえば、
梅、ムール貝、イサキ、生姜、さくらんぼ・・・などなど。
タコやウナギなんかもいいですね。

梅でしたら、イワシの梅干煮。
ムール貝なら酒蒸しやトマトスープなんかも良いですね。
今月のお酒でしたら、【賀茂泉 青泉 純米吟醸生酒】は辛口テイストでフレッシュな生酒。

魚料理との相性が良いです。

IMG_7035

【御代櫻 純米吟醸 五百万石 無濾過生原酒】はバランスの良い、幅広い料理と合わせやすいお酒なので、肉料理の豚バラの梅巻きなんておススメ。

IMG_7034

【司牡丹 船中八策】は辛口のお酒。
ですが酸味とのバランスが素晴らしいので、スイスイ飲めてしまいます。
タコのアヒージョと合わせたら最高ですね!

IMG_7026

 

もちろん、お酒選びに迷ったときは、すぐに「女性のための日本酒サイト のみねーと」に行って下さいね!
あなたが気に入るお酒がきっと見つかりますよ。

 

それでは、今夜も日本酒生活、お楽しみくださいませ!
日本酒で乾杯♪

IMG_7024

今回のノミネート商品はこちら!

  • 賀茂泉 青泉 純米吟醸生酒

    春先に搾ったお酒をそのまま瓶詰めしたフレッシュ&フルーティーなお酒。爽やかな香りとほのかな米の旨みが調和した、喉ごしの良い飲み口が楽しめます。

    価格 : 1458円(税込)

    購入する

  • 御代櫻 純米吟醸 五百万石 無濾過生原酒

    岐阜県産の酒造好適米、五百万石を使用。長期低温発酵させた醪の上澄み部分だけをろ過・加水することなくそのまま瓶に詰めたフレッシュなお酒。華やかさと同時に、芳醇でまろやかな旨みが感じられます。

    価格 : 1539円(税込)

    購入する

  • 司牡丹 船中八策

    香り高く、口中で旨みが膨らみサラリと切れる、キレ味抜群の超辛口純米酒です。ただ辛いのではなく、酸とのバランスが良いため、スイスイと飲めてしまうお酒です。お酒の名称は高知出身の偉人、坂本龍馬が起草した新国家構想から。

    価格 : 1814円(税込)

    購入する

ページトップへ