味覚の秋、身体をいたわりながら飲みたい日本酒

こんにちは、女性のための日本酒サイトのみねーと、店長の大室です。

早いもので、2015年も9月に入りました。
二十四節気でいうと、秋分の前を「白露」と呼びます。
白露とは、大気が冷えてきて露を結ぶ頃のこと。
ようやく残暑が引いて、本格的に秋が訪れる時期になりました。

「夏の疲れ」は秋に出てきます。9月で残暑が厳しかったり、雨が続いて急に気温が下がって、体が季節について行けない、なんてことが起きるのもこの時期。

今回のモニター試飲会・日本酒を楽しむ会は、「3.p.mさんじさんのおやつまみBOXと横田さんのお話で
「秋への準備をいち早く」と題して、3.p.mさんじさんの「おやつまみBOX」とともに5種類の日本酒を飲み比べして頂きました。

IMG_8587IMG_8584IMG_856211953118_735024426628574_1584717271608869371_n

3.p.mさんじさんのつくられている「おやつまみBOX」は夏の火照りを取り、秋への準備を誘う食材が美味しく、みっちり詰まっていました。

IMG_8572

美味しく楽しく食べること。
自分の体に聞いてみること。
データや、何かにいいということだけではなく、 自分の感覚を信じるという食べ方も大切というお話など、真剣に、うなづきながら伺いました。

 

今月ののみねーとのテーマは『味覚の秋、すっきりテイストを楽しむ日本酒3本』です。

IMG_8561IMG_8559

 

今月の女性におすすめ、な日本酒は
【天の戸 純米吟醸 ランドオブウォーター】
【鳴門鯛 吟醸しぼりたて 生原酒 (生缶)】
【山丹正宗 吟醸酒】

の3本です\(^o^)/

それでは、順にご紹介しましょう。

 

 

 

【天の戸 純米吟醸 ランドオブウォーター】

IMG_8619
秋田県・浅舞酒造さんの造るお酒「天の戸」。蔵元は秋田県の南、横手盆地のまん中に位置する穀倉地域にあります。蔵元から半径5km以内でつくられた米のみを使用する、という酒蔵です。
米も、酒も、同じ奥羽山脈に端を発する皆瀬川・成瀬川の伏流水でつくられていています。

そして蔵の敷地内にこんこんと湧き出る「琵琶沼寒泉」。この湧水をイメージしたお酒が「ランドオブウォーター」です。たおやかな味わいと、酒造好適米である美山錦を使用したキレのある後味。すっきりとした旨みを感じます。

 

 

 

【鳴門鯛 吟醸しぼりたて 生原酒 (生缶)】

IMG_8617

徳島県、松浦本家酒造さんのお酒、「鳴門鯛」。
この「鳴門鯛 吟醸しぼりたて 生原酒 (生缶)」の一番のポイントは「アルミ缶」に入ったお酒、という点。
吟醸のしぼりたてをいつでも新鮮に味わえるように、というコンセプトから、アルミ缶に封じるという新しいアイデアにたどり着いたのだそうです。

昨年、アメリカのニューヨーク、シカゴの小売業視察に訪問した際、この「生缶」が高級スーパーで販売されていたのです!

IMG_2632 IMG_2636

日本酒を扱うスーパーマーケットはアメリカでも徐々に増えてきているのですが、その中でもこれはかなりのインパクトでした。
(写真はシカゴのプラムマーケットというスーパーマーケット。高感度な食品を展開しています。)
しっかり定番棚に入って、売れ行きも良いそうです。

アルコール度数18.5度の生原酒ですので、フレッシュさがありながら濃厚なお酒をしっかり味わえるお酒です。
こんな美味しいお酒、アメリカに行かなくても、日本で飲めますよ~と皆さんにお伝えしたいお酒です。当たり前ですが、日本で買った方が安いです(´▽`)

 

 

 

【山丹正宗 吟醸酒】

IMG_8561

愛媛県今治市にある酒蔵、八木酒造部さん。こちらで山丹正宗(やまたんまさむね)は造られています。

酒造りに欠かせない良質な水は、西日本最高峰の石槌山と、それに連なる四国山脈からの清冽な伏流水を用いており、この水は昭和天皇が今治を訪れた際、お茶の水に選ばれているのだそうです。

愛媛県産米の酒造好適米(お酒を作るのに適している、と言われているお米のこと)である松山三井を使った、キレの良い山丹正宗吟醸酒。
淡麗辛口のすっきりした、薫り高いお酒です。あっさりした味の料理、魚料理との相性抜群です。

飲まれた時、「とてもきれいなお酒!」と感じると思います。

ANA国際線ファーストクラスで採用されている吟醸酒。ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015、最高金賞受賞。3年連続の最高金賞受賞という素晴らしい評価のお酒です。

 

 

 

秋の足音が聞こえてくるこの頃。
自分の身体をいたわりながらも、日本酒を楽しむのはやはり楽しいもの。
自分に適した量を頂きながら、収穫に感謝し、旬の食材と一緒に楽しむ、季節を体に取り入れる。
そんな楽しみ方をされてはいかがでしょうか。

それでは、今夜も美味しく日本酒をお楽しみくださいませ!

IMG_8577IMG_8579

参考文献:日本の七十二候を楽しむ(文・白井明大 絵・有賀一広 東邦出版)

今回のノミネート商品はこちら!

  • 天の戸 純米吟醸 ランドオブウォーター

    蔵の敷地内にこんこんと湧き出る「琵琶沼寒泉」。この湧水をイメージしたお酒です。たおやかな味わいと、酒造好適米である美山錦を使用したキレのある後味。すっきりとした旨みを感じます。

    価格 : 1543円(税込)

    購入する

  • 鳴門鯛 吟醸しぼりたて 生原酒 (生缶)

    新鮮で華やかな甘い香り。ピチピチとガスがはじけるような若々しさが特長です。酸味がしっかりとして飲みこたえがあり、洋食との相性も抜群。海外で「namakan」として親しまれています。

    価格 : 1554円(税込)

    購入する

  • 山丹正宗 吟醸酒

    愛媛県産米の松山三井を使った、キレの良い山丹正宗(やまたんまさむね)吟醸酒。淡麗辛口のすっきりした、薫り高いお酒。あっさりした味の料理、魚料理との相性抜群です。ANA国際線ファーストクラスで採用されている吟醸酒。ワイングラスでおいしい日本酒アワード最高金賞受賞。

    価格 : 1404円(税込)

    購入する

ページトップへ